ARCOPEDICOサンダル入荷。


昨日は写真だけをアップして説明無しでした。。

訂正版です!




ARCOPEDICO

1966年、ポルトガルで医者や患者が無理なく履ける靴をとの声にこたえようとしたのがアルコペディコの始まりです。

スイスのチューリッヒ大学で解剖学や人間工学を学んだエリオ・パロディ氏は、市場で売られている靴と健康シューズに必要なものとの矛盾点に疑問を抱いていました。

そこで、真に歩きやすくて疲れにくい健康シューズを追求して誕生したのがARCOPEDICOです。足裏にかかる圧力を分散する構造、フィット感抜群の仕立てなどは、当時より日々進化を遂げて今日の充実したラインナップへと継承されています。








f0160932_2116656.jpg
f0160932_21162636.jpg
f0160932_21164236.jpg



OPEN (¥6、615)

いわゆる、つっかけタイプです。





アッパーに用いられるナイロンメッシュ、ライテックは非常に伸縮性に優れています。足の形は人それぞれ違いますが、その人の足の形に合わせて無理なくフィットするので指先を締め付けることがありません。外反母趾の予防や悪化防止にも最適です。通気性にも優れているのでムレずに快適です。

このナイロンメッシュはすごいです、ホールド感はばっちりなんですが伸縮性があるため他のサンダルに比べて歩きやすいです。

しかもこの値段で自社工場一貫生産のハンドメイドです!!






f0160932_2117989.jpg
f0160932_21172310.jpg


VEGA (¥6,615)

いわゆる雪駄タイプです。
ビーサンなんかだと指のまたが痛くなりがちですが、全くなりません!!









f0160932_21175013.jpg


KIRYA (¥6,615)

いわゆるアマゾネスタイプ(僕の解釈)です。足首にもストラップが付くためホールド感は飛びぬけています!!






f0160932_21193270.jpg
f0160932_21201157.jpg
f0160932_21204741.jpg
f0160932_2121686.jpg

f0160932_16483882.jpg



f0160932_16485886.jpg







他にもカラーあります。客注可能です。



f0160932_164926100.jpg

f0160932_16504985.jpg
f0160932_1651452.jpg

f0160932_16543797.jpg



店頭にOPENが無くなってしまいましたが、僕が履いているので見てみてください!!









では。






nostalgium
nishiboridori3-258-45
chuuo-ku niigatacity
tel/fax 025-225-4370
mail nostalgium@purple.plala.or.jp
[PR]
by nostalgium | 2009-06-06 21:23 | select
<< san diego hat 再... Rothco Capri Pa... >>