Gattaca


昨日、一昨日とものすごい雪。

今日は少し落ち着きましたね、まだまだ油断できませんが。





こんな日は無理に外出せずゆっくりと映画でも。

と言いたいところですが週末なので激しく遊ぶのも良し。



f0160932_18113253.jpg







Gattaca  (1997/アメリカ)

監督 アンドリュー・ニコル

製作 ダニー・デヴィート
マイケル・シャンバーグ
ステイシー・シェール

脚本 アンドリュー・ニコル

出演者 イーサン・ホーク
ユマ・サーマン
ジュード・ロウ



出生前の遺伝子操作により、生まれながらに優れた知能と体力と外見を持った「適正者」と、「欠陥」のある遺伝子を持ちうる自然出産により産まれた「不適正者」との間で厳格な社会的差別がある近未来。

「不適正者」として産まれた主人公ビンセントは、子供の頃から「適正者」のみに資格が与えられている宇宙飛行士になる事を夢見ていた。ビンセントは DNAブローカ一の仲介で、自殺未遂により足の自由を失った元水泳金メダル候補の「適正者」ジェローム・モローの生体ID(血液や指紋など)を買い取り、生体偽装によりジェロームになりすまし、宇宙局「ガタカ」の局員となる。努力の結果ついにビンセントは念願のタイタン探査船の宇宙飛行士に選ばれるが、出発間近に上司が何者かに殺された事件現場で「不適正者」ビンセントのまつ毛が発見された事から正体発覚の危機が訪れる。ビンセントの素性に疑いを抱く「適正者」の女性局員アイリーンと、今やエリート捜査官になった「適正者」の弟アントンの登場でビンセントの運命は・・・、そしてジェロームは・・・。

人間の成し得る限界は、生まれ持った遺伝子だけに左右されるのではなく「努力」により人生の道が開かれ、また「優秀な遺伝子」を持った人間であっても「運命」により人生が左右されることを描いたSFとサスペンスの要素を加えた人間ドラマ。 (Wikipediaから抜粋)




明日はおそらくDEXTERからスポット商品のPコートが入荷です!!
[PR]
by nostalgium | 2009-12-19 17:48 | things & cooking
<< SNOW P-COAT tokyo mood punks >>