「ほっ」と。キャンペーン

SSDD 2010 S/S



行って来ました展示会。

余裕を持って行きますなんて言っておきながら、展示会終了15分前に着いてしまい・・・

社長はじめスタッフの方々遅くまでありがとうございました!!




かなりの写真量になってしまいそうなので2回に分けてアップさせていただきます。





今回の春夏ラインのテーマは"EREBUS"=ザ・ダークネス。



"私は過去の美意識を現在に当てはめて考えている。ただ時代が変わっただけで、新しい状況も紛争も変わらない。アフガニスタンが我々の新しいベトナムなんだよ。同じことを繰り返しているんだよ。
私はシュチュエイショナリスト(=状況主義者)だから、反戦メッセージを発信し続けている。クレバーな謳い文句でメディアを扇動し、戦争を恒常化しようとする政府に対抗しなければならない。それはとても大事なことなんだ。政治について語ることはとげとげしいことだけど、欧米人の90%はガザ地区で何が行われているかを理解していないし、その一方でアメリカ政府は中東が悪そのものであるという嘘の情報を世界中に流し続けている。全ては議会のロビーで推し進められるウォーゲームなんだ。そんな状況なのだから、アートはもはや安全な場所にいてはいけない。私はセイフティーネットなしで表現活動を行っている。イメージ、音楽、絵画、映画、ウォーキング、ランニング、呼吸...、いまの私のアートは様々な形をとって私の内側にやってきているんだ。"

by Erik Brunetti













f0160932_16483830.jpg

f0160932_16485580.jpg
f0160932_16491247.jpg
f0160932_16493232.jpg
f0160932_16494276.jpg
f0160932_16495167.jpg


EREBUS BDU SHIRT (¥18,690)

オリジナルのバックサテン生地を使用し、60年代、70年代の軍物の雰囲気を再現しています。
オリジナルナバホやヴィンテージ風ワッペンで贅沢に仕上げています。















f0160932_1781176.jpg

f0160932_1784250.jpg
f0160932_178524.jpg


DEATH BUNNY WINDBREAKER (¥15,540)

毎回好評のピーチ加工したナイロンのウィンドブレイカー、今回はベトナム戦争当時、慰安のシンボルであったDEATH BUNNYがモチーフになっています。













f0160932_17132683.jpg
f0160932_17135872.jpg
f0160932_17141181.jpg
f0160932_17142299.jpg


MEDICIN CROW SHIRT (¥16,590)

珍しい白のシャンブレーシャツ、オリジナルナバホを使ったワークシャツです。











f0160932_17162790.jpg
f0160932_1716486.jpg
f0160932_17171491.jpg


SON OF DAWN WORK SHIRT (¥16,590)

ヴィンテージのワークシャツを収集しているERICKならではの、ディティールにこだわったシャンブレーシャツです。
胸ポケットの位置は低めに設定され、左胸にはチェーンステッチで”EREBUS”と刺繍してあります。














f0160932_172123.jpg
f0160932_17214792.jpg


EREBUS CHECK SHIRT (¥13,440)

オンブレチェック柄の生地にピーチ加工を施すことによって使用感を表現しています。












f0160932_1726535.jpg
f0160932_17262658.jpg
f0160932_17264126.jpg


GERONIMO SHIRT (¥16,590)

”GERONIMO”とはニューメキシコに進出した白人に抵抗したアメリカインディアンの酋長の名前。
アメリカの歴史は侵略と殺戮の繰り返しで、今も昔も同じ。
というメッセージが込められています。














f0160932_1731998.jpg
f0160932_17313239.jpg
f0160932_17314483.jpg


CANNED HEAT WORK SHIRT (¥13,440)

両胸にワッペンを施し、バックにはベトナム戦争時攻略困難だった”MEKONG DELTA”の文字と当時の兵士が好んで使用したデビルのキャラクターが描かれています。













part2に続きます。
[PR]
by nostalgium | 2010-01-21 17:36 | FUCT
<< SSDD 2010 S/S ... kelen 2010 >>