地震対応マニュアル。


eveNIFさんからのコピペ。



久しぶりに書くblogがこんな内容で苦痛です。



少しでも人的被害を減らすために。



家族、友人、お客様、お取引先、皆様が無事であることを切に願います。









【屋内での緊急行動パターン】

・窓・ドアあける
・荷物は玄関へ
・底の厚い靴をはく
・ガスの元栓を締める
・浴槽に水をためる
・出来るうちに携帯充電
・停電時ブレーカー落とす 
・災害用伝言ダイヤル171の利用(避難場所も伝える)
・電話は最低限に
・Skypeなら使える
・警察を偽った詐欺電話に注意



【避難時の注意】

・倒れかけのタンスや冷蔵庫に近づかない
・ガラスや塀に注意
・壁の亀裂や柱の傾きは倒壊のおそれあり、即避難
・狭い道、崖沿い、川沿い、海を避ける
・海沿いの人は高台に避難
・ヘルメット着用。せめて帽子を着用
・火が付きやすい化繊の服を避ける
・マスクや濡タオルを装備する
・火災時は風上へ
・車は走るのをやめて路肩に寄せて停める



【危険勧告】

震災の時に、建物に赤い紙が貼られていたら、それは「全壊」の判定を受けた建物です。
倒壊の危険性が高いですので、近寄らないようにしてください。



【簡易トイレの作り方】

便器の中にビニール袋を二重に入れ、口の部分の一部を管などに括る。
ビニール袋の中に新聞紙を入れ、消毒液を入れるか、スプレーする。
必要に応じてビニール袋を替える。



【NTT公式情報】

公衆電話は災害時には優先的につながります。
災害時には被災地の公衆電話は無料で使ます。
ただし国際電話は使えません。



【無料公衆電話のかけ方】

・緑色のアナログ公衆電話
緊急ボタンを押すか、10円玉を入れれば通話できます。
通話が終わると10円玉は戻ります。

・デジタル公衆電話
テレホンカードや10円玉を使わず、
受話器を取るだけで通話できるようになります。



【災害用伝言ダイヤル】

◆被災者の方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.「1」を押す
3.自宅の電話番号を押す。
4.伝言を録音する。

◆安否を確認したい方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.「2」を押す
3.安否を確認したい方の電話番号を押す。
4.録音された伝言を再生する。



【Google安否確認サイト】

http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja



【災害用伝言掲示板】

au http://dengon.ezweb.ne.jp/service.do
docomo http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi?es=0
softbank http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html
ウィルコム http://www.willcom-inc.com/ja/info/dengon/



【Twitter SOSタグ】

GPS機能もつけてつぶやくこと。
#j_j_helpme



【全国非難場所一覧】
http://animal-navi.com/navi/map/map.html



【地震に遭遇したときの対応マニュアル】
http://matome.naver.jp/odai/2129850837113580401



【NHK各放送局災害情報】
各地域の災害情報確認のときに。
http://www3.nhk.or.jp/saigai/jishin/index.html



【地震対策まとめサイト】
丁寧に情報が載せられています。
http://i.2chblog.jp/archives/2389640.html
[PR]
by nostalgium | 2011-03-12 05:56 | things & cooking
<< TOYPLANE FUCT 2011 S/S W... >>